シラケつつノリ、ノリつつシラケる

世の中の出来事に対して、シラケつつもノリ、ノリつつもシラケることで、日常を有意義なものに変えようとする個人の想いをただただ綴ったブログ

スポンサーリンク

シェアリングエコノミーとブロックチェーン

シェアリングエコノミーはIoTの波に乗り、配車や民泊だけでなく、会議室やイベントホールのような空間、パーキング、料理など、遊休資産に限らずありとあらゆるものに拡大している。C2Cのみならず、B2Bでもこの動きは顕著だ。

その中核にあるのがマッチング技術であるが、セキュリティや認証の面でブロックチェーンと関わりがあるようである。シェアリングエコノミーにブロックチェーンは全く関係ないと思っていたが、普通に考えると確かに必要な要素である。

シェアリングを促進するIOT

現在、シェアリングエコノミーというと、多くの人が思い浮かべるのはUberAirbnbだろう。しかし、シェアリングは今、配車や民泊以外の幅広いジャンルに広がってきている。

ミール(Meal)シェアリングや衣服のシェアリングをはじめとして、住居、家事、パーキングなど、衣食住からその周辺まで、様々な領域でシェアリングが展開され始めている。

こうした動きをさらに加速させる技術がIoTだ。IoTを活用すれば、様々なモノの状態をリモートからリアルタイムに把握可能になり、もっとシェアしやすくなるためだ。

その一例として、工場のシェアリングがある。これは、IoTでつながった工場の製造情報を多数の企業間で共有し、生産の基本4要素である人・設備・材料・方法を相互に融通し合うというもの。実際、GEやIBM日立製作所などが北米で、工場のシェアに向けた議論を進めている。

資本や販売網、営業マンの数などでハンデを負っていたベンチャー企業や地方企業にとって、ハンデを払拭する手段にもなる。例えば、複数のベンチャー企業が集まってシェアリングエコノミーを形成すれば、販売網や営業マン、オフィスの賃料負担などをシェアできる。

シェアリングエコノミーはC2Cの世界にとどまるものではない。B2Bにも広がっていく。

ブロックチェーンも重要技術

IoTに加え、FinTechなどで話題のブロックチェーンもシェアリングエコノミーの普及に重要な役割を果たす。

シェアリングエコノミーにおいて、企業は主として消費者同士をマッチングさせるプラットフォーマーの役割を担う。プラットフォーム上では、個人認証や信用情報なども管理されることになるが、それぞれプラットフォームで個別に管理していては無駄が多い。ブロックチェーンの仕組みを個人認証に利用できるのではないかと言われている。

例えば、ミールシェアリングのサービスで登録した個人情報とそこで得た信用を、家事シェアリングのエコノミーでも活用できれば、シェアするユーザーにとっても管理する企業にとっても使い勝手がよくなる。

今後世の中はどうなる?

それでは、シェアリングエコノミーはどのような未来社会をもたらすのか。

「シェアリングは超効率化社会を実現する」。

「子供のいる家庭がそれぞれサッカーボールを持っていたとして、すべてのサッカーボールが24時間365日使っているわけではない。例えば、100戸あるマンションにおいて、全ての戸が1個1個サッカーボールを所有するのではなく、マンション全体で数個を所有してそれを住民でシェアすれば、はるかに少ない数のサッカーボールで事足りる」

クルマの相乗りであるライドシェアリングや、クルマを貸し借りするカーシェアリングも、超効率化社会をもたらす。

ミシガン大学のローレンス・バーンズ教授は、「理想的なクルマのシェアリングが実現されれば、個人が所有するクルマの2割程度の台数で、現在と同レベルの移動性を確保できる」と試算している。こうしたシェアリングが普及すると、自動車の生産台数は激減する。自動車業界にとっては大きな脅威だ。

BtoBにもシェアリングが普及

そうしたなか、トヨタ自動車のような伝統的な大企業も、自ら創造的破壊をすべく、シェアリングのビジネスに向けて積極的に動き出している。

トヨタは2016年4月に社内カンパニー「コネクティッドカンパニー」を設立。同年11月には、2020年の東京オリンピックまでに、日米で販売するほぼ全ての乗用車に通信端末を標準搭載して車をIoT化するほか、Uberカーシェアリングのゲットアラウンドと協力すると発表した。カーシェアリング事業者向けには、IoTを活用してクルマの鍵を安全に借主に提供するSKB(Smart Key Box)を開発した。

トヨタは自動車を作って販売するだけではなく、移動を提供してユーザー接点を作る企業へと変革する。これは全社で共有している戦略だと言われている。

まとめ

IoTやブロックチェーンにより今後、シェアリングエコノミーは本格化する。「これからどんどんシェアリングは進む。企業はまず、シェアリングエコノミーという“破壊的イノベーション”に対して危機意識を持ち、自分たちの事業を何とかシェアリングのビジネスに持っていけないか工夫しなければならないようである。

ビニール傘は天下の回りもの?

シェアリングエコノミーの対象

受験日と何かしらのイベントが重なり、東京に宿が足りない!、なんてことがニュースになったが、2020年を迎える頃には本気で解決しないと、そこそこシャレにならない社会問題の一つが、東京における宿泊施設数である。

その問題意識から民泊事業について色々調べている中で、シェアリングエコノミーという単語に久しぶりに感度が上がり、どんなものがシェアされてたかな?、とふと振り返った。

傘までも!

個人的に最もシェアし、されたものは、間違いなくビニール傘である。自転車に挿しっぱにしつつ、雨が急に降った時に急に使えるあの便利さはハンパない。自分が挿していた傘が使えればそのまま使うが、他の人に取られてしまっている場合もある。そんな時は他の自転車に挿さっているものを拝借して使う。パクった、パクられたではなく、世の中を回りながらうまくシェアしていると、今更ながら前向きな解釈をしてみた。

そこで、「傘 シェアリングエコノミー」とフレーズ検索してみると、ちゃんとしたサービスがヒットし驚いた。有給資産の活用ということで、いろんなものがシェアされていることは知っていたが、まさか傘までされていたとは!、という感じである。

もったいない精神、ワイズスペンディング、防災施設の平時の活用など、シェア関連で政策ワードは色々あるが、シェアするものの関連性について考えてみることにした。既に触れた自転車と傘も、ともにシェアサービスが確立している分野で、利用拠点を考えると、相性ってやはりいいんだな、という感じに。

エコシステム

東京都は、レジ袋の無償配布ゼロを目標に掲げているが、エコバックのシェアがあっても良いかなと考えた。コンビニやスーパーを拠点にして配布しつつ、合わせて自転車と傘のシェア拠点も整理する。晴れている時は自転車で移動し、雨が降ったら傘と交換して移動。移動する時の荷物はシェアバックに入れる、なんて感じに。

移動手段の交通、人の交流をうまく組み合わせて、新しい文化を循環的に広めていくことの可能性を考えたりした。

シェアに興味がある人は、貢献意欲も高そうな気がするので、観光ボランティア参加と引き換えにサービス利用を促進するインセンティブを与えつつ、配布する傘やバックを広告メディアとして、事業収益を上げるなんてエコシステムもできるのかな?、なんて考えた。

季節やエリアなどでシェアするものを管理しつつ、自然な循環を通して、混ざり合っていく様相なんてあっても面白いのかなと思う。

まとめ

晴れの時は自転車で移動、雨の時は自転車から降り傘をさして移動、どちらも必要に応じてエコバックをシェアしながら移動。広告メディアとして目立ちつつ、ボランティア参加者の証を十分に発信し、ものだけでなく、おもてなしの心も循環していく、そんなシナリオが考えられなくもないかと想像できたわけだが、いずれにせよ、ビニール傘がシェアリングエコノミーの元祖だと改めて気づけたので、この数十分間は無駄ではなかったと信じたい。。。

世界の都市ランキングで東京が1位になる?

東京都は、「セーフ シティ」「ダイバーシティ」「スマート シティ」を実現し、新しい東京をつくるための今後の都政の具体的な政策展開を示す計画として、「都民ファーストでつくる『新しい東京』~2020年に向けた実行プラン~」を策定しました。

その中で、東京が成長戦略推進し、サステイナブルな成長を実現するための、4つの挑戦が掲げられました。

世界の都市ランキング(一般財団法人森記念財団都市戦略研究所)で現状の3位から1位になることが4つある目標のうちの一つになっています。 ところが、どこの分野をどこまでどう伸ばして達成するかのビジョンや方法論が整理されていないので、勝手に考えてみようかと思います。

世界の都市ランキングって何?

「世界の都市総合力ランキング」(Global Power City Index, GPCI)は、地球規模で展開される都市間競争下に おいて、より魅力的でクリエイティブな人々や企業を世界 中から惹きつける、いわば都市の“磁力”こそが「都市の総 合力」であるとの観点に立ち、世界の主要都市の総合力を 評価し、順位付けしたものです。 森記念財団都市戦略研究所は、2008年に初めてGPCI を発表して以来、毎年、新たな調査をもとに、そのランキン グを更新してきた。現在では、代表的な都市指標の一つと して高い評価を得ており、東京都や国のみならず世界のさ まざまな場所で都市政策やビジネス戦略の参考資料とし て用いられている。さらに、当研究所では国際会議や講演 などを通じて、世界の主要な研究機関とも、都市の競争力をテーマに活発な意見交換を行っている。

GPCIは情報の更新やデータ収集法の見直しを通じて常に改良に努めている。GPCI-2016では、各都市の居 住者へのアンケート調査を実施し、定性データを更新する とともに、定量データに関しても、いくつかの指標データに ついてより信頼性・客観性の高いデータの収集に務めた。 また、アフリカ地域ならびに東南アジア地域の中心都市で あり、近年発展が著しいヨハネスブルグ、ジャカルタを追加し、42都市を対象とした。

過去9年間におよぶ研究結果は、世界の諸都市が持つ魅力や課題を理解するための貴重なデータとなるであろう。 そしてこの調査結果が、さらに多くの人々によって都市政策や企業戦略の立案に役立てられることを期待されている。

GPCIの特徴は?

大きくは4つある。

  1. 特定分野(「金融」や「住みやすさ」など)に偏らず、都市の力を表すさまざまな分野を対象として都市の 総合力を評価したランキングである。
  2. 世界を代表する主要42都市を選定し、都市の力を表す主要な6分野(経済、研究・開発、文化・交流、 居住、環境、交通・アクセス)と、さらに現代の都市活動を牽引する5つのグローバル・アクター(経営者、 研究者、アーティスト、観光客、生活者)の視点に基づき、複眼的に都市の総合力を評価している。

  3. 各都市の強みや弱みを明らかにしながら、克服すべき課題を明らかにしている。

  4. 都市研究に関する世界的権威であった故・ピーターホール卿をはじめとする学識者によって立案され、 各界の有識者の参画と、国際的な専門家によるピアレビュー(第三者評価)を得たランキングである。

東京は何故3位なのか?

上位2都市と比較すると、課題が見えてくる。 経済、研究、住居、環境、の4分野については、勝ち、または、拮抗した状態だが、文化・交流、交通・アクセス、の2分野は明らかに負けている。強みの分野はこれ以上爆発的に上昇すると余地があるとは考えにくいので、ここの差が1位になれない原因ではないかと素直に思う。

肝心なのは、この2分野を細かく分解した時に、勝てる要素があるのかということである。 自分が生業にしてきたCRM的観点でいうと、誰に対してどこでどう自分が振る舞い勝負するかを定量的数値から設計して、実行しながら理想の状態につなげることは当たり前に大切で、ビジョンの中で何故方法論を示さないのか?と当初の疑問を改めて感じざるには得ない。

どこでどう勝負するか?

パッと項目を見て、効率の良いシナリオを考えて見た。まずは、文化・交流から。

  • 国際的なコンベンション開催件数を増やす
  • 産業観光を軸に海外からの訪問者数を増やす
  • 民泊の活性化などを通じて宿泊施設を増やす
  • クリエイティブ人の長期滞在環境を整理する
  • 外国人移住者の数を増やす

BtoBでの訪問をきっかけにして、良い体験とその回顧をさせ、プライベートでの訪問機会を想像していく、というシナリオ。 次は、交通・アクセス。

  • 国際線旅客数を増やす
  • 同時に、国際貨物流通規模も増やす
  • 同時に、公共交通の充実と正確さを担保する

集客経路として、空の拡充はもちろんあるが、貨物流通量の拡大も考えると、海からの、つまり、客船や貨物船による訪問者数の拡大は一つ考えられるシナリオな気がする。

船は時間も金もかかるので、新規獲得は空からの産業観光に譲るとして、こちらでは、富裕層をターゲットにしたリピート戦略と連動すると良いかもしれない気がした。

統合リゾートの話も盛り上がっているが、船上でのカジノなんかあると素敵だと思う。

まとめ

世界の都市ランキングで1位になるには、結局のところ、海外から一番人が集まる都市になればよいという、至極シンプルなことが必要だと思えた。

そんなわけで、いちいち戦略は語らなかったのか?と思わなくもないが、別のチャレンジ目標であるように、どうやって訪問者数を1.5倍にするのか?、どうやれば最も効率的に達成できるのかる?、という問いには向き合う必要がある。

個人的には、ヒト、モノ、コト、情報などの投資資源集めを、グローバルにどれだけできるかにかかっているかと思うので、魅力的な市場づくりと、その発信に貢献できればいいのかなと、新年が 早くも1ヶ月過ぎたこの日に思う次第である。

なぜ水辺空間にはライトアップが必要なのか?

ふとした疑問

仕事柄、東京の水辺空間の活用や舟運活性化に関心があり、ライトアップによる魅力のある空間への進化が一つの論点であることは、何となく聞いていたが、冷静に考えると、なぜ必要なのか、なぜ相性がいいのか、よくわからなくなった。 ひとまず、ググってみたが、これぞという記事にはたどり着けなかったので、少ない頭で考えついたことだけまとめようかと思う。

ひとまずの仮説

海や川以外の陸地に人は当然住んでいる。夜も活動するとなると、灯りは欠かせないものとなる。 一方、海や川の上では人が住んでいないので、灯りが必要ない。必要だとしても、水辺空間ぐらいに限られるため、そもそも灯りの絶対量が少ない。 基本的に暗い場所では、少ない灯りが希少性を増すし、大部分が暗いところに光があることで、何だか幻想的な気分になるような勘違いが起きやすい力学が働くからではないかと、考えた。

治安がいい日本では

日本は治安がいい。治安がいいと、危ない場所や危険な時間に出歩いても全く問題ない。 危険といえば、暗くなる夜、暗い場所である水辺空間が考えられるが、夜の水辺空間で最低限、いや、せっかくなら最高の演出やエンターテイメントが創出できるなら、日本ならではの強みを活かした観光事業が成立するのではないかと考えた。 ただ夜にすることと言えば、ご飯を食べる、音楽を聴く、映画を見る、ショーを楽しむ、ムフフなことに乗じるぐらいな気もする。 水辺で、もっというと水上で、ライブ、スポーツ、カジノなどが楽しめるようになれば、治安の良い日本のポテンシャルを最大限に高めていると言ってもよいようになるのではないか。

まとめ

なぜ水辺空間にはライトアップが必要なのかという疑問を解決するには、ちゃんと調べなくてはいけないということに改めて気付かされたが、光があると希少性の観点から価値が高まるし、日本の強みを伸ばす合理的な考え方ともマッチしているので、個人的にはひとまず納得して眠れそうである。

春夏秋冬いつでも、ゆったりした時間を過ごせるようになる水辺空間ができるといいね!

腐ったトマト

このふざけた名前のサイトは!?

会社の福利厚生の一環で提供される、外国人講師との英会話で映画の話をした際、あの映画はどうだ、この映画はどうだ、という話になった。個人の意見も気になるところだが、世間的にどういう評価がされているかも当然気になる。いくつかレビューサイトは知っていたが、外国人講師が好きなサイトを紹介され、全くピンとこない単語が耳に入ってきた。そう、それがこのエントリーのタイトルにもつけた、「Rotten Tomatoes(腐ったトマト)」である。

腐ったトマトとは?

(映画レビューサイトの「Rotten Tomatoes」。ここでの好評価が宣伝に使われることも。)

1999年に創設された「腐ったトマト」は、映画に対する容赦ない評価で知られている。特に売り物なのは、映画の批評家の評価を集めて、「何%の支持があるか」とまとめる機能である。暇つぶしで英語をただ見るだけの素人ではなく、プロの批評家に特化したレビューで評価が決まるというわけである。

近年のヒット作で言えば、『タイタニック』の支持率は88%。『アナと雪の女王』の支持率は89%と、批評家たちにも評価されていた。

一方で、大ヒットしながら30%台や、それ以下といった映画も多い。「腐ったトマト」は、興行的に成功するかどうかとは別の「批評家から見た作品の価値」を示すのである。キャストがいいだけとか、半端なくプロモーションをした結果などで大ヒットになることはあるが、ここでは、批評家が下す良い悪いの白黒判断のみである。

もちろん、批評家たちの評価が全てではない。例えば、「7%」という低支持率だと、かえってそれが作品の個性になる場合だってある。いずれにせよ、容赦なく評価されることで、映画を見る楽しみが増す。

「腐ったトマト」という名前は、つまらないパフォーマンスに対して、観客が抗議の意味でトマトを投げつけるという演劇界の「習慣」から生まれたのだそうである。

日本でも、一般の人々が評価を投稿できるシステムは増えてきている。加えて、このサイトのように、批評家による支持率のサイトがあったら、さらに面白いと感じた。

外国サイト名のユニークさと奥深さ

初めて名前を聞いたときは、ふざけているとしか思わなかったが、由来を聞き、サービスのポイントも理解すると、妙に腑に落ちてしまった。サービス自体もそうだが、名称にもユニークさと奥深さがあることが、愛されるWebサービスには欠かせないのだなと感じた。この手のネーミングセンスに対し、外国サイトには本当に頭があがらない。

まとめ

映画好きな諸君は、「Rotten Tomatoes」で公正な評価を見るべしである。その公正な評価こそが作品の質を高め、さらに良い映画体験につながっていくと思うと感じた、英会話教室の帰りである。

ま、英語を本気で勉強しないと、腐ったトマトも投げようがないわけだが。。。

スポンサーリンク